2010年06月17日

借金のルール(貸金業法)が変わります 〜貸金業法施行後の対処法〜

 明日、6月18日、改正貸金業法が施行されます。
 改正の内容をざっくりお話しますと、@今後の新たな借入については金利が20%以下になるA借入れについて年収との関係で制限がかかる(いわゆる総量規制)というものです。
 @については、文字どおりで、特に説明する必要はないと思います。
 ただ、Aについては、すでに一定額以上の借入れをされている個人の方への影響は大きいので、以下で説明しましょう。
(1)この規制の対象は、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社からの借入れ(クレジット会社からのキャッシングは当然含まれます)です。
 個人の方へのこれらの貸付については、原則として借入金の総額が年収の1/3までに制限されることになります(なお、これらの貸付であっても、ここにいう貸付には、住宅購入のための貸付、自動車購入時の自動車担保貸付は含まれません)。
 現在、貸金業者からの借入れやクレジット会社からのキャッシングの総額が年収の1/3を超えている場合は、それをすぐに返せという話にはならないと思われますが、今後は新たな借入れは受けられず、返済一方になってしまうと思います。
(2)次に、専業主婦等に対する貸付については、配偶者の年収を合算しての借入は認められますが、その際、配偶者の収入を証する書面の他、配偶者の同意書面、住民票等の夫婦関係証明書面が必要になります。したがって、従前は、配偶者に内緒での借入も可能でしたが、今後はそのような借入は難しくなります。
 なお、これはあくまで報道されたものにすぎませんが、専業主婦への貸付については、金融業者の審査の事務の増大を理由に今後は貸付を行わないとの業者が多いとも聞いています。
(以上は、あくまでざっくりの解説です。例外等もありますので、詳しくは金融庁のHP等をご覧ください。)
 以上のような内容の法律が、明日から施行されますが、この規制により借入れが難しくなる方も多いのではないかと思います。
 ただ、ご注意いただきたいのは、借入ができなくなった場合にどう対処するかについてです。
 こういう混乱が生じるときには、悪い奴らが暗躍します。私が、詐欺師とかヤミ金業者なら、今回の法改正は絶好の金儲けの機会と思い、いろいろ工夫をして借入が難しくなった奴を食いものにしようを考えます。おそらく、しばらくの間、HPや電話勧誘で、借入が難しくなった方でも借入を可能にする方法がある等の嘘の情報を使って、詐欺をしたり、ヤミ金からの借入の勧誘があると思います。また、NPO法人くらいは作って(NPO法人は結構簡単に作れます)、借金一本化やまだ借入可能をうたい、詐欺やヤミ金の勧誘をするでしょう。
 おいしい話はおかしい話が多いことを肝に銘じて冷静に考えていただき、くれぐれも詐欺や闇金の被害にあわないようご注意ください。最近、ソフトヤミ金等の言葉もありますが、ヤミ金はヤミ金です。ソフトだろうが何だろうが、ヤミ金に手を出すと、死ぬほど怖い目にあいますよ。
 また、借金問題の相談は、直接弁護士に相談して下さい。借金問題は相談料無料の事務所も結構多いです(なお、当事務所も、借金問題の法律相談料は無料です。)。得体のしれないNPO法人や団体もありますが、借金問題について解決できるのは、ご本人以外では、弁護士(140万円の範囲内なら認定司法書士)のみです。それ以外の者は、借金問題の解決はできません。おかしなNPO法人に相談すると、詐欺、闇金、提携弁護士等の被害にあってしまいます。
 借入が困難になった場合の現実的な選択肢は、@これを機会に弁護士に相談し借金を整理してしまう、A(審査が通れば)銀行のおまとめローンを使うぐらいしかないでしょう。
 ただ、私は、銀行であってもおまとめローンはお勧めできません。これを機会に借金と決別する決意をしていただき、弁護士にご相談いただきたいと思います。借金問題は解決可能な問題です。先ほども書きましたが、当事務所は、借金問題の法律相談料は無料です。
posted by 森山 弘茂 at 15:59| 借金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

弁護士刺殺事件の報道を見て

昨日、横浜で弁護士が刺殺されたという事件のニュースを見ました。
今日の報道によると、離婚事件のトラブルが理由と報じているものが多いようです。

 このニュースを見て、第1に、やはり許せないと思います。
 報道のとおりだとすると、おそらく犯人は、離婚事件の依頼者の夫か何かだと思いますが、弁護士を暴力で黙らせて、何か状況が変わるのでしょうか。
 離婚に限らず、弁護士は、法的な主張ができる場合にそれを依頼人の代理人として主張しています。もし弁護士の話に不服があるなら、それを述べた上、裁判所の判断を仰げばいいだけの話です。別に弁護士の言いなりになる必要はありません。ただし、裁判で結果が出た場合には、第三者である裁判所の判断に従うのが法治国家では当然です。
 だとすれば、不服があるなら正々堂々と裁判で闘い、自分の言い分が正しいのかを判断してもらえばいいだけであって、暴力で黙らせるなどというのは筋違いも甚だしく、絶対に許される話ではありません。
 逆に、弁護士に何らかの危害を加えれば、危害を加えた人は刑事事件で裁かれることになります。それこそ犯罪者になってしまい、その人の人生がだいなしになることもあるでしょう。また、離婚であれば、暴力的犯罪で有罪になれば離婚原因になるでしょうし、暴力的な犯罪をするような人間であれば親権だって取れないでしょうから相手の思う通りの結論になります。暴力によって、自分が不利になることはあっても、何も解決はしないのに、なぜそんな無意味なことをするのだろう?と思います。

 第2に、やはり無念だっただろうな、かわいそうというのが率直な感想です。
 亡くなった弁護士とは面識はありませんが、私とほぼ同期で、年齢も近いです。
 きっとまだまだやりたい仕事もあっただろうにと思いますし、また、ご家族も辛い思いをされているのだろうと思うとやりきれない気持ちになります。
 
 第3に、自分も気をつけなければと思う面もあります。
 私も、離婚の事案も担当しますが、確かにいろいろな相手方がいます。特に、離婚のような家庭がらみの事案は感情がもつれていることも多く、過去には「お前を殺してやる」と言われたこともありますし、「そんなこと言うなら死んでやる」と言われたこともあります。その場は、まあまあ落ち着いてと言ってなだめるのですが、私自身は本当に殺されかけたり、相手方に死なれたりしたことは、幸いにしてありません。
 ただ、かなり感情的な方もいらっしゃるのは事実ですから、このような事件がおきると、今後もさらにいろいろな点で気をつけないといけないと思います。

 最後に、前野弁護士のご冥福を心からお祈りいたします。
posted by 森山 弘茂 at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

まだまだあります、振り込め詐欺にご注意を

 最近、振り込め詐欺のことを取り上げるニュース等をあまり見なくなり、皆さんもう振り込め詐欺をそろそろ忘れかけていると思います。
 しかし、忘れかけたころに暗躍するのが詐欺師の常です。振り込め詐欺は、まだまだあるようです。ご注意を。
 昨日、私の実家の父のところに、私を名乗る男から電話があったそうです。
 「もしもし、弘茂ですけど」
 「ちょっと、今日は風邪ひいて調子が悪くて、声がおかしいかもしれないけど」
 しかし、実は昨日、私は実家から事務所に出勤したので、私がぴんぴんしているのを父は知っていました。ですから、すぐに振り込め詐欺だとピンと来たそうです。
 うちの父は、ちょっとからかおうと思ったようで、
 「お前、最近、実家に顔見せないけど、一体、今、何やってるんだ」というと
 「ん、今、サラリーマンをやってます」と振り込め詐欺。
 大変残念なことですが、こらえ性のないうちの父は、そこで、
 「お前誰だ、息子はサラリーマンじゃねー」と怒鳴りつけてしまったそうです。
 電話は、ガチャっと切られてしまいました。
 もう少し我慢していたら、振り込め詐欺の最新の手口がわかったのに、気の短い人はしょうがないですね。
 
 でも、このように本当に身近なところに、振り込め詐欺の事件はあります。うちの事務所の近所でも、先日パトカーが「荒川区内で振り込め詐欺被害が5月だけでも10件確認されています」と放送していました。

「私は、絶対振り込め詐欺にはかからない、大丈夫」という人が一番危険です。きちんと電話で名乗っているのが本人かを確認しましょう。
 さりげなく家族しか知らない話をしてみたり(家のペットの名前を聞くとか)というのは効果があるようです。

 また、あせらせるタイプの振り込め詐欺、すなわち警察官になりすました電話、弁護士になりすました電話も多いようです。しかし、相手が警察でも、弁護士でもあわてる必要はありません。
 そもそも、警察も弁護士も、「今日の何時までにお金を振り込んで」などという考える暇を与えないような連絡をすることはありません。
 冷静に対処し、お金を振り込む前にまず誰かに相談することが大切です。
posted by 森山 弘茂 at 20:49| 詐欺・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。